植物性乳酸菌「ラブレ」:すぐき・腸内環境改善

植物性乳酸菌「ラブレ」とは

植物性乳酸菌「ラブレ」は腸での生命力が強いのが特徴です。

植物性乳酸菌「ラブレ」

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の二つがあります。

栄養価が高い環境で育つ動物性乳酸菌に比べ、植物性乳酸菌は塩分や酸分などが多い過酷な環境で生き抜いてきました。

胃酸などの消化液にも負けずに、腸まで生きて届き生き抜くことから「腸で生き抜く力」が強いといわれる由縁です。

腸で生き抜く力

また、昔から、日本人が食べていた味噌や漬物などの伝統食などは植物性乳酸菌の発酵を利用して作られてきました。

ラブレも、

京都の漬物である「すぐき」から発見された植物性乳酸菌であり日本人になじみやすい乳酸菌なのです。

商品のラインナップも豊富です。

砂糖不使用のプレーンタイプから、カロリーが気になる方への低カロリーのもの、1日分の鉄分を配合したもの、1日分のビタミンBを配合したものなど目的に応じて購入することができます。

乳酸菌の善玉菌

一般的には、腸内における乳酸菌の善玉菌は年齢とともに減少する傾向があります。

善玉菌が不足すると便秘や肌トラブルなど身体の不調を起こしかねません。

ですから、ラブレを飲んで毎日コンスタントに乳酸菌を摂取する量にしましょう。

くせのないすっきりとした味わいなので、どなたにでも向いている商品です。

植物性乳酸菌「ラブレ」の人気の秘密

便秘の悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。

ラブレ

便秘は腸内環境の乱れが原因で起こるもので、便が硬くなって排便が困難になったり腸にガスが溜まって苦しくなったり3日以上排便がなかったりなどの症状があります。

放置すれば慢性化してしまい症状は悪化します。

腸内環境の乱れは肌荒れや免疫力の低下や体臭や口臭などの原因にもなりますので、早めに便秘を解消させて腸内環境を改善させることが重要になります。そのためには、まずは食生活の見直しが必要になります。

腸内環境の乱れ

積極的に摂取すべき成分は、乳酸菌です。乳酸菌には様々な種類がありますが、その中でも最もおすすめなのが植物性乳酸菌のラブレです。

植物性乳酸菌のラブレの人気の秘密は、ほかの乳酸菌に比べて腸で生き抜く力が強いということです。

乳酸菌は生きて腸まで届くことで悪玉菌を減らして善玉菌を増やす整腸作用が発揮されるので、植物性乳酸菌のラブレは便秘解消効果が高い乳酸菌であるということになります。

その効果をさらに高めるためには、食後の摂取がおすすめです。

食後は胃酸の分泌が不活発になるので刺激を受けずに腸まで届くことができるからです。

ラブレを毎日の健康習慣として摂取し、腸内環境を健やかに整えましょう。



▲ページトップに戻る