乳酸菌サプリとヨーグルトの共通点

乳酸菌 ヨーグルト

体に必要な栄養の一つに乳酸菌があります。

これは腸に入ることで善玉菌の餌となり、腸内環境を改善する働きがあることがわかっています。

腸内環境が改善されると体にとって不要な毒素や老廃物が排出されやすくなるので、代謝を改善して免疫力をアップしたり、太りにくい体質を目指せるなど美容と健康両方へのメリットがあります。

こうした乳酸菌を摂取するときに有効なのがヨーグルトや乳酸菌サプリです。

この二つの共通点は良質な乳酸菌を豊富に含んでいるところで、毎日摂取することで健康な腸内環境を維持することができます。

ただし乳酸菌は胃酸や胆汁に弱いのでヨーグルトを摂取しても腸に届く頃にはかなり減少しているケースがあります。

乳酸菌サプリが優れているところは、こうした胃酸や胆汁に負けないコーティングがされているところです。

そのため確実に乳酸菌を腸に届かせて腸内環境を改善することが出来るのです。

カプセルや錠剤なので外出先でも手軽に良質な乳酸菌補給ができます。

乳酸菌サプリ 相性が良い食品

乳酸菌サプリと相性のよい食品は、オリゴ糖や食物繊維の豊富な食材です。

乳酸菌サプリを飲もうと考えた方は、腸内環境の悩みを抱えている方が多いのです。

お腹がポッコリと張り出ている、毎朝スッキリとしない、肌トラブルが増えてきた、などなど。

体内に毒素を溜め込んでいる状態を解消するには、善玉菌と悪玉菌のバランスを整える方法が効果的です。

悪玉菌も人間にとって必須な菌ですが、そのバランスが崩れると肌トラブルやポッコリお腹を招いてしまうのです。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなる食品なので、普段使用している砂糖と置き換えて使うといいでしょう。

ほんのりした甘さがあり、コーヒーや紅茶の甘味料として使うこともできます。

大量に摂りすぎるとお腹がゆるくなりますが、お腹がスッキリしない方は多めに摂ったほうがいいのです。

食物繊維はお腹をスッキリさせてくれる栄養素です。

朝食シリアルには食物繊維がたっぷり含まれていますが、これは腸内環境を整えることが目的なのです。

乳酸菌サプリとの相性が最高であり、食後にサプリを飲むようにするといいです。

食前よりも食後のほうが吸収率は高くなります。



▲ページトップに戻る