乳酸菌と腸内細菌

乳酸菌と腸内細菌

乳酸菌とはヨーグルトやチーズなどの発酵食品を作るのに必要不可欠なものです。

腐敗菌の増殖を防ぐので食品の日持ちがよくなり、風味をよくする効果もあります。

そしてこれらの製品を摂取することで私たちの健康をサポートするという大きな効果があるのです。

腸内細菌

乳酸菌は腸内細菌の働きに作用するといわれています。

人間はさまざまなストレスなどによって腸内環境が悪くなってしまいます。

腸内環境が悪いというのは、善玉菌が少なく悪玉菌がたくさんいるという状況のことです。

乳酸菌は摂取することで善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす効果があるのです。

腸内環境を整えると腸の運動が活発になって便通がよくなり、便秘の解消につながります。

便秘が解消されることで、肌荒れにも効果があります。

そのほかにも免疫力を高める効果や花粉症の予防、高血圧の予防に役立つというデータがあります。

効果的に乳酸菌を摂取するためには乳酸菌サプリを使うのがおすすめですよ。



▲ページトップに戻る