乳酸菌とビフィズス菌の違い

体に良い働きをする成分として注目されている乳酸菌やビフィズス菌ですが、この二つには違いがあります。
ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれている菌の一種で、乳酸や酢酸を作り出す働きをしています。
主に人間や動物の腸内でのみ生きることができ、酸素が苦手なので幅広い場所での生活をすることができません。

一方乳酸菌は乳酸を作り出す菌の総称です。
さまざまな種類が有り株によって効能も違うユニークさがあります。

こうした乳酸菌を積極的に摂取したいのが乳酸菌サプリです。
この菌は胃酸や胆汁に弱く腸に届くまでに死滅してしまうことがあるのですが、サプリなら胃酸や胆汁に負けないような工夫がされているので、確実に腸に届き善玉菌の餌となってくれます。
そうすることで腸の蠕動活動も活発化して、老廃物がスムーズに体外に排出されます。
代謝が良くなって免疫力が上がるだけでなく、太りにくい燃焼しやすい体つくりを行うことができるメリットがあります。

乳酸菌が作る腸内環境
乳酸菌は善玉菌を代表する有用菌であり、健全な腸内環境を作るためにも欠かせないものです。善玉菌に対抗する存在となる悪玉菌が増えると、腸内の環境が乱れて著しい弊害が出てきます。悪玉菌が優勢になれば、便秘になりやすくなったり、お腹がすっきりしないなどの症状が出てきます。善玉菌にはビフィズス菌などもありますが、乳酸菌の手助けも必要としているため、乳酸菌サプリも利用することが有効です。

腸内環境の中で微妙な立場にあるのが、有用菌でも悪玉菌でもない日和見菌です。日和見菌は普段は静止して中立の立場を保っていますが、ときには悪玉菌の味方をすることがあります。あるいは、善玉菌の味方をしてくれることもあります。お腹の健康を保つためには、乳酸菌の役割によって日和見菌も味方につけることが欠かせません。悪玉菌が優勢になる前に、乳酸菌サプリを食べて不足分をなくす必要があります。普段の食事では、乳酸菌の宝庫となる漬物やヨーグルトなどを積極的に食べることが大切です。

乳酸菌サプリメントの選び方
>> 乳酸菌ランキングはこちら <<



▲ページトップに戻る